« ブタベスト(CD) | トップページ | 新漢語林 »

容疑者Xの献身[古本]

容疑者Xの献身 Book 容疑者Xの献身

著者:東野 圭吾
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

平成20年8月18日読了。

134回直木賞受賞作である。

しかし、読み終わった感想としては、これまでの東野圭吾の作品と比較して、特に突出しているという印象は受けなかった。もちろん、基本的に、東野圭吾の作品にはずれなしと思っているので、面白くないわけではない。でも、これでとれるなら、もっと早く、他の作品でとれてもよかったのではないかということである。

但し、ここでいう他の作品とは、過去の候補作という意味ではない。私の場合、直木賞候補になった『秘密』、『白夜行』、『片想い』はいずれも、東野作品の中では、あまり好きではない部類に入る。

ちなみに、本書を含めて湯浅学が登場する作品にも、いまいち乗り切れないものを感じてしまう。これは、自分が物理学科を卒業していることの影響からか、物理学者湯浅学になんとなく違和感を感じてしまうからかもしれない。

|

« ブタベスト(CD) | トップページ | 新漢語林 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者Xの献身[古本]:

« ブタベスト(CD) | トップページ | 新漢語林 »