« 「プロ経営者」の条件[古本] | トップページ | 成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 »

「伝説の社員」になれ![古本]

「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー Book 「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー

著者:土井 英司
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

平成20年9月?日読了。

本書のことは、以前に触れた「出逢いの大学」で紹介されていたのを読んだのがきっかけに知ったのだったと思う。

たまたま立ち寄った古本屋に安く置いてあったのをなんとなく購入し、なにげなく読み出したのだが、期待していなかったせいもあってか(?)、意外に面白く、停滞する他の本を尻目に、最後まで読み切ることができた。

但し、前半(個人的体験に根ざす部分)は興味深く読めたが、後半は、なにが言いたいのかわからなくなってきた感じで、若干、停滞気味ではあった。それでも最後まで読み切れたのは、全体的に、非常に読みやすい本ということがあるのだろう。

簡単にまとめると、若い社会人が、会社を辞めようと思ったときに読む本ということになるのかな。

なお、筆者は、本書の中で、出版業界に6千人もの人脈をもっていると、語っているが、そういうのって人脈っていうのかしらん。

あと、その直前には、

就職して一年目、僕がもらった名刺はたったの一枚でした。

と書いているのだが、これを最初読んだとき、会社からいじわるかなんかされて一枚しか支給されなかったのかと思ったよ(汗)。

実際は、一枚しか名刺交換できなかった(する機会がなかった?)ということらしいのだが、職種によっては、そんなこと普通なのではないのだろうか。自分自身も、就職一年目に人から名刺をもらったかどうかなんかまったく覚えていないし。

著者は、現在では、多いときには、一日に百人と名刺交換するとも書いているので、著者にとっては、もらった名刺の数は非常に重要なことなのかもしれない。

|

« 「プロ経営者」の条件[古本] | トップページ | 成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「伝説の社員」になれ![古本]:

« 「プロ経営者」の条件[古本] | トップページ | 成功本51冊もっと「勝ち抜け」案内 »