« 続・道をひらく[古本] | トップページ | 一生モノの人脈力 »

図解「人脈力」の作り方[古本]

平成20年9月30日読了。

図解 「人脈力」の作り方―資金ゼロから大金持ちになる! (講談社プラスアルファ文庫) Book 図解 「人脈力」の作り方―資金ゼロから大金持ちになる! (講談社プラスアルファ文庫)

著者:内田 雅章
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前に紹介した『出逢いの大学』で、オススメ人脈関連本として紹介されていたもののうちの一冊である。

『出逢いの大学』が普通のサラリーマン向けの人脈本だとすると、本書は、これから伸し上がってビックになろうと思っている人、ひたすら立身出世を目指す人向けの人脈本ということになろうか。本書を読んでいると、著者の内田氏に、木下藤吉郎に通ずるものを感じてしまう。本書の推薦のあとがきでも、ドンキの安田社長が、内田氏のことを人たらしであると評している。

著者の内田氏は、ありとあらゆる機会を自らの人脈形成のために生かそうとしており、ある意味感心するが、ある面では、ついて行けないものを感じた。非常に単純で、合理的な考え方をし、見方によっては、非常に打算的な行動をしながら、ひたすら、内田氏が思うところのイケてる人、すごい人との人脈形成に努め、内田氏が思うところのどうでもいい人との関わりは時間の無駄とばっさり切り捨てる。このような行動原理に従って行動し続けられる人は少ないだろうし、このような行動原理に嫌悪感を抱く人間も少なくないのではないか。

そういう意味でも、一般の人には、『出逢いの大学』の方が向いているのではないか。但し、本書がまったく役に立たないということではない。読めば、それなりに得るところはあるのでないか。でも、人によっては、読後感は必ずしもよいものではないかもしれない。

|

« 続・道をひらく[古本] | トップページ | 一生モノの人脈力 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図解「人脈力」の作り方[古本]:

« 続・道をひらく[古本] | トップページ | 一生モノの人脈力 »