« 一瞬で自分を変える法 | トップページ | チャロの英語実力講座 2008年11月号 »

タテ型人脈のすすめ[古本]

平成20年10月30日読了(購入日:平成20年10月27日)。

タテ型人脈のすすめ Book タテ型人脈のすすめ

著者:志賀内 泰弘
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

全体的に白っぽい(文章が少ない)本なので、あっさり読み終わる。

簡単に言えば、広く浅い人脈よりも、狭く深い人脈を、ということでせうか。

既に、類書をいくつか読んでいるということもあるのかもしれないが、淡々と読み進められるが、特に印象に残るところもないといった感じである。

敢えて本書の特徴的な部分を挙げれば、「ハガキ」の利用を勧めていることだろうか。筆者は、異業種交流会等で出会った人すべてにハガキを必ず書いているそうだ。筆者は、その返信率が10%程度であることを驚いて見せているが、個人的には、ハガキは非常にプライベートな感じがするので、昨日出会ったばっかりの人からもらっても戸惑ってしまう部分が大きいような気がする。もちろん、出会ったときに、どの程度親しくなったかにもよるのであるが。

なお、本書は、以前に紹介した『出逢いの大学』で、オススメ人脈関連本として紹介されていたもののうちの一冊である。本書の著書も『出逢いの大学』の著者同様、普通のサラリーマンということだが、本書を読んだ感じでは、どちらかというと、『出逢いの大学』の著者よりも、これまた以前に紹介した『図解「人脈力」の作り方』の著者に近いタイプの人間のようである。

|

« 一瞬で自分を変える法 | トップページ | チャロの英語実力講座 2008年11月号 »

読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タテ型人脈のすすめ[古本]:

« 一瞬で自分を変える法 | トップページ | チャロの英語実力講座 2008年11月号 »