« そんなことならラゾーナに行こう | トップページ | バガボンド 29 »

ビデオカード(SAPPHIRE HD 4550)装着記

以前に書いたビデオカード(SAPPHIRE HD 4550)を、装着した際の模様を少々。

装着対象となるPCは、EPSON DIRECTのMR3100。

http://support.epsondirect.co.jp/edcfaq/edsnsys_expub.nsf/ContentsID/TN100015133

このビデオカード(SAPPHIRE HD 4550 512MB GDDR3 PCIE)、ロープロファイル対応なのだけど、デフォルトでは、標準ブラケットになっている。

Photo_3

そのため、PCに取り付ける前に、ブラケットの交換が必要になる。

一応、付属品として、Low Profile用のブラケットも付いてきているのだが、付いているのはひとつだけ。つまり、VGA(Dsub)のコネクタの方は使えなくなる。

さしあたり、それでも問題なのだけど、ボード側のコネクタが固くて、簡単にはとれそうになかったのと、いざというときのために、VGA側も使えるようにしておきたいということで、LP用のブラケットを探しに再度町田へ。

しかし、単体のブラケットは見あたらなかったので、LPブラケット目当てで、次のものを購入することに。

アイネックス SATAリアスロット 1ポート RS-100A CE アイネックス SATAリアスロット 1ポート RS-100A

販売元:AINEX
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Photo_4

で、ブラケットをLP用に交換すると、こんな感じに。

Lp

ここまで、準備をしてから、MR3100を開ける。

Mr3100

で、PCI Express用のスロットにビデオカードを装着。

Photo_5

装着後のバックパネルはこんな感じ。

Photo_6

これで、ハード的には終了。

その後、ドライバを付属のCD-ROMからインストール。

しかし、途中で止まってしまい、終わる気配がない。

やむを得ず、強制終了させて、ATIのサイトから、最新ドライバをとってきて、再度、インストール。今度は、最後まで無事終了。

FANの音が気になるのではと懸念していたが、とりあえず、自分の使用環境では、ほとんどといっていいほど、気にならない。ATIのユーティリティで見ると、ファンは、25%程度の動作しかしていないようなので、そのせいもあるのかもしれないが。

で、せっかくビデオカードを交換したので、その効果を実感しようとベンチマークをしてみることに。

かなり古いけど、とあるページに紹介してあったFINAL FANTASY XI for Windowsオフィシャルベンチマークソフト3をやってみると

  • 低解像度スコア: 8959
  • 高解像度スコア: 6221

ちなみに、交換前に、もとのG965でやった結果は次の通り。

  • 低解像度スコア: 2179
  • 高解像度スコア: 1679

やはり、ベンチマーク的にはそれなりに早くなっている感じ。

2008/12/31追記:

 机の回りを整理していたら、3DMark06の結果を印刷したものが出てきたので追記。

  • 3DMark Score: 3520
  • SM 2.0 Score : 1270
  • SM 3.0 Score : 1424
  • CPU Score    : 1895

 CPU: Core 2 Duo E6420 @ 2.13GHz メモリ:2GB

|

« そんなことならラゾーナに行こう | トップページ | バガボンド 29 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビデオカード(SAPPHIRE HD 4550)装着記:

« そんなことならラゾーナに行こう | トップページ | バガボンド 29 »