« 影響力の武器 | トップページ | 特上カバチ!! 第15巻 »

パソコントラブル遭遇記

現在、自宅では、デスクトップとノートの2台のPCを使っているが、このうち、デスクトップは、6年以上前に購入したものであり、最近では、電源を入れるのが、週1、2回程度になっている。

この間の日曜日に、そのデスクトップを使おうと、いつもの通り、とりあえず電源を入れ、一旦その場を離れる。そして、さて、使おうかと、マウスを動かしたのだが、モニターには、なにも表示されていない。あれ、電源スイッチをちゃんと押せてなかったかな、などと思いながらも、今度は、きちんと確認しながら、電源スイッチを押す。しかし、デスクトップは立ち上がる気配がない。そこで、ようやく、ファンすら回っていないことに気づく。そういえば、電源ランプも点灯していない。

ついに壊れたか、などと思いながらも、対処法を求めて、ノートPCでネット検索を開始する。

その結果発見したとあるサイトとあるページによると、電源の保護回路が働いている可能性がありそうということで(保護回路が働くような原因については心当たりはなかったが)、前記ページにあった対策を参考に、とりあえず、電源ケーブルを抜いてみる。しばらくしてから、再度、電源ケーブルを差し込むと、前記ページに書いてあるように、パチッという音がかすかにしたような感じがしたので、期待しながら、電源スイッチを押す。すると、電源ランプが点灯し、ファンも回り始める。やったと思ったのもつかの間、モニターには、なにも表示されない。そう言えば、ビープ音も鳴っていない。

やはり、マザーボードが壊れたかと思いながら、再度、ノートPCでネット検索。

今度は、なかなか適当なページが見つからない。いくつか関連のありそうなページを見ているうちに、もしかして、リチウム電池(ボタン電池)が切れたのが問題なのでは、と思い始める。個人的な感覚では、仮にリチウム電池が切れていたとしても、PCがまったく立ち上がらないというのは考えにくかったのだが、ダメ元で交換してみることに。

で、外出したついでに、リチウム電池を購入し、その日の夜中に、PCを開けて、リチウム電池を交換する。

で、頼む、立ち上がってくれ!と念じながら、電源スイッチを押すと、一瞬の間をおいて、ビープ音がし、あっさりと、BIOSの画面が表示される。喜びもそこそこに、すかさず、BIOSの設定画面に移行し、デスクトップのマニュアルの指示通り、BIOSの設定値をデフォルト値に戻し、日付等の設定を行う。そして、変更内容を保存して、再度、デスクトップを立ち上げると、無事、OSまで立ち上がり、以前と同様に使えるようになった。めでたしめでたし。

という訳で、PCが立ち上がらなくなった時は、とりあえず、リチウム電池の交換を検討してみようというお話、あるいは、しばらく、リチウム電池を交換していないのであれば、適当なタイミングで交換を検討してみようというお話でした。

後記:

この記事を書き上げて、保存する前の確認をしようとしたら、時間をかけすぎたためか、悪いタイミングに当たったかで、セッションが切れていて、一瞬ですべてがパーに(涙)。つまり、この記事自体も、ある意味パソコントラブルに遭遇してしまうという羽目に。そういう訳で、上に書いたものは、当初のものより、はしょり気味になってしまったかも。

|

« 影響力の武器 | トップページ | 特上カバチ!! 第15巻 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコントラブル遭遇記:

« 影響力の武器 | トップページ | 特上カバチ!! 第15巻 »