« TOEIC学習記(その2) | トップページ | 第147回TOEIC公開テスト結果(インターネット表示編) »

TOEIC学習記(その3)

TOEIC学習記(その1)及び(その2)で挙げたもの以外にやった教材は、テクニック本と呼べるであろう次の二冊である。

新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ Book 新TOEICテスト 直前の技術—スコアが上がりやすい順に学ぶ

著者:ロバート ヒルキ,ポール ワーデン,ヒロ前田
販売元:アルク
Amazon.co.jpで詳細を確認する

TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】 Book TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】

著者:キム デギュン
販売元:講談社インターナショナル
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まず、『新TOEICテスト 直前の技術』についてでだが、本書は、以前に述べたように、本番の約40日前に、Forestと同時に購入しており、早めに一通りこなしておこうと思ったのだが、なかなか手をつけることができず、結局、その半分以上の内容を、直前の一週間の間にばたばたと、こなすことになる。

本書は、基本的にテクニック(技術)の紹介と、そのテクニックを試すための練習問題で構成されているのだが、自分の場合、自分で使えそうな(使いたいと思う)テクニックは特になかったので、紹介されたテクニックを特に意識することなく、一通り、練習問題を解いただけだった。

更に本書には、一回分の模試が付いており、この模試についても、本番2日前の金曜日にどうにかやることができた。本書によると、この模試は実際のTOEICテストよりも難易度をやや高めに設定しているとのことだが、リスニングについては、かなり難しく感じた。パート3の途中で、一つの会話についての3つの設問すべてについてまったくマークできなかった時には(自分の場合、まったくの当てずっぽになるときは、マークしない)、この時期でこんなにできないなんて、明後日の本番やばくない?と、かなり動揺してしまった(笑)。

結局、リスニングについては、14問間違え(うち9問はマークできず)。リーディングについても5問間違えだった。つまり、素点では、リスニング86点、リーディングが95点ということになる。おそるおそる、これを本書のスコア換算表でスコアに換算してみると、なんと、リスニング480、リーディング495(満点)で、トータル975となかなかのスコア。なんだよ、あわてさせやがる。結果オーライだが、直前の技術と言っても、模試については直前にやるのは、考えものかも。

最後に『TOEIC Test 「正解」が見える』についてでだが、以前に述べたように、前回のIPテスト前には途中までしか目を通せなかったので、今回の公開テスト前までに、残りの部分について一応目を通しておくことにする。なかなかこちらにまで手が回らなかったが、試験会場に向かう途中の電車の中で、なんとか最後まで目を通すことができた。

さて、以上述べたような学習を行った上で受けた第147回公開テストの結果が、いよいよ明日(既に今日か)の正午に、ネット発表されるようだ。どんな結果がでるか、楽しみでもあるが、少し不安でもある(笑)。

|

« TOEIC学習記(その2) | トップページ | 第147回TOEIC公開テスト結果(インターネット表示編) »

TOEIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC学習記(その3):

» TOEICスコア900点って本当に簡単なんです!! [【トーイック試験対策】]
【トーイック】英語を勉強するなら一度は受けたいテストですね!トーイック試験必勝の対策法とは?    [続きを読む]

受信: 2009年7月21日 (火) 08時45分

« TOEIC学習記(その2) | トップページ | 第147回TOEIC公開テスト結果(インターネット表示編) »