« 刑事コロンボ完全捜査記録 | トップページ | 日経エンタテインメント! 2010年2月号 »

小学英語必修化考

以前の記事でも紹介した読売新聞の「時代の証言者」という連載で、鳥飼玖美子氏は、小学校での英語必修化について次のように語っている(2009年10月17日朝刊)。

 2011年度からは、小学校で「外国語活動」として、英語が必修化されます。しかし、私はこれに一貫して反対してきました。導入は条件が整っていないというのが私の見方です。

 《中略》

 小学校では、まず日本語のコミュニケーション力を育成すべきです。どうやって自分を表現し、言葉を使って、どう人間関係を構築するか。これらの方が、はるかに優先順位が高いはず。先行導入した学校では、すでに英語嫌いの小学生が生まれています。本当に逆効果。かわいそうな事態です。

更に、ジョン・ガルブレイス、ダニエル・ベル及び利根川進の三氏による鼎談の司会をした際、利根川氏が、英語で丁々発止、議論をし、論客相手に一歩も引かなかったことに触れ、次のように語っている。

利根川さんは、「日本生まれの日本育ちで、英語は普通に中学から始めました」と話されています。中学校からきちんと学ぶことで、高度な英語力を身につける道は十分にあります。問われるものは、要するに中身なのです。あいさつや買い物の決まり文句を早くから教え込むことではない。日本の英語教育は、利根川博士のような英語力の養成を目指すべきなのだと、強く感じています。

自分も、小学校で英語を学ばさせる必要性はまったくないと思っているのだが、自分がそんなことを言っても、まったく説得力がないが(汗)、鳥飼氏のように英語ができる人が言えば、かなり説得力があるのではないだろうか。

さて、勉強不足ゆえ、どのような人たちが英語必修化を推進したのかは知らないのだが、一般の人で、英語必修化に肯定的な考えを持っている人の中には、自分が英語で苦労したので、子供には苦労をさせたくないと思って、そう考えている人が少なからず含まれているではないだろか。そういう人は、自分が英語ができないのは、自分のせいではなく、システムのせいだと思っている(か、そう思いたい)のであろう。

ちなみに、上記の点に関連して、思い出したのが、今年の夏頃に読んでいたマーク・ピーターセン著『英語の壁』の一節である(それにしても、このタイトルは頂けない)。同書の中で、同氏は、「なぜ日本人は英語が下手なのか」という妙な題名がつけられたシンポジウムに招かれたことに関連して、次のように書いている。

 「なぜ日本人は英語が下手なのか」という問題に対しては、さまざまな「見方」が世に出回っているようだ。「日本の英語教育は間違っている」という説から「日本人は言語認識に右脳を使うからしょうがない」という説まで、諸説ある。しかし結論としての落とし所は、話せないのは話せるようになる練習を続けていない学習者本人の責任ではなく、日本人に生まれた宿命なのだ、ということになってしまいがちだ。
 確かに日本の英語教育は間違っているかもしれないが、いちばん間違っているのは、日本国民全員に強制的に一つの外国語を覚えさせようとしているところではないだろうか。そんな考え方自体が甘すぎる。
 が、学校にはそうした作業が実際、義務付けられている。たとえ、英語をものにしようと固い決心をした人にしても、話せるようになるまでは大変な努力が必要なのだが、自分からそう思わない人も含めて全員ときたら、授業で無駄に費やす時間が多くなるはずだ(同書118頁)。

つまり、小学校での英語必修化は、更なる無駄を生じさせることになるだけではないだろうか。無駄だけならまだしも、英語嫌いを今以上に増やすという逆効果があるとすれば、更に悪いということにもなりかねないのである。

なお、少し話がずれるが、『英語の壁』には、日本人が英語が苦手だという根拠としてよく挙げられるTOEFLの国別平均点に関して次のような記載がある。

日本では、軽い気持ちで受験する人がきわめて多く、試験場を覗いてみると、中学生から老人まで、受験者がバラエティーに富んでいることに驚かされる。これに対して、他の国の多くでは、受験料だけでも大変な金額になり、主として留学候補者として選ばれた「エリート」の人間しか受験しないから平均点は当然日本より高い。が、各国のそれぞれのベスト10の人の点数だけにして比較すると、これといった差がない。TOEFLの国別平均点は無意味な統計なのだが、人によっては、なぜかこの統計を頻繁に引きあいに出すのだ(同書37頁)。

世の中には、どうしても自虐したいという人がいるということであろうか(笑)。

英語の壁   文春新書 326 Book 英語の壁 文春新書 326

著者:マーク・ピーターセン
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 刑事コロンボ完全捜査記録 | トップページ | 日経エンタテインメント! 2010年2月号 »

英語一般」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。いよいよあと今年も少しですね。

小学校の英語教育は中学校から学んだ自分としては、懐疑的であるのは同じです。英語関係のブログやってるとTOEIC900以上なんて方ばかりなのでよけいそう思いますね(笑)。そういう方の意見、特に女性の方はどうなんでしょうか。

昨年でしたか、JapanTimesにネイティブの方の意見が寄せられてまして、その方は早期教育に賛成でした。曰く、以前は日本人が公衆で英語を話すなんて考えられなかったけれど、(早期教育先行実施で)現在は英語を話すことにためらいを持たない若い人が増えてきた。むろん文法的に拙かったりするけれど、それはきちんと文法を学ぶ際に学べばよいことであって、英語力のみを向上させる以前に大事なことがあるんじゃないだろうか、との意見でした。

う~んいろんな考えがあるもんだなあ、と。

投稿: デンスケ | 2009年12月30日 (水) 21時31分

デンスケさん、コメントありがとうございます。既に、今年最後に日になってしまいました。

さて、こういっては何ですが、多くの日本人にとって、英語が話せることに対する実際の必要性はほとんどないと思いますので(笑)、スタートを早くしても、結果は変わらないような気がするのですが。

それに、そのネイティブの方は、例えば、自国の小学校で、日本語が必修となっても、同じことを言うのでしょうかね。

投稿: 積読亭 | 2009年12月31日 (木) 02時55分

積読亭さん、
あけましておめでとうございます。
昨年は弊ブログにいろいろとコメントをいただきありがとうございました。大変な刺激となりました。

小学校で英語を教えるかどうかの是非はいろいろあるかもしれませんが、国家予算の効率的配分を考えたときに僕は大反対したくなります。教師一人当たり500万の経費がかかるとして千人雇っただけでも、年間50億かかるわけですよ。そんな金かけるなら、無料で英語学習を受けらたり、英語辞書を使えるウエブサイトを構築した方がずっと国民のためになると思います。まあ、これが雇用対策だったら話は変わってきますけど(笑)

今年もよろしくお願いします。英検での朗報を願っております。

投稿: Yuta | 2010年1月 3日 (日) 23時02分

Yutaさん、昨年に引き続き、今年も第一号コメントをありがとうございます(笑)。

実際、本気で教えようとしたら、膨大な費用がかかりますよね。
しかし、補助教材の「英語ノート」が仕分けの対象となった時の読売新聞の記事で、全国連合小学校長会会長の『「英語を教えたことがない教員にはほとんど必須の教材。特に地方での活用度は高い」と廃止しないよう求める。』との発言を読んだときは、たまげました(笑)。

英検の方は、なんとか、今年中には受かりたいと思ってます(笑)。そう言うわけで、本年もどうぞよろしくお願いします。


投稿: 積読亭 | 2010年1月 4日 (月) 03時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学英語必修化考:

« 刑事コロンボ完全捜査記録 | トップページ | 日経エンタテインメント! 2010年2月号 »