« PROS and CONS | トップページ | パス単をやらずに英検1級に合格する法(その1) »

英検1級2次試験学習記

前回の二次試験不合格から、今回の試験までに二次対策としてやったことを記録がてら書いてみる。でも、すでにかなり忘れてるかも(笑)。

まず心がけたのは、英語を話す機会をできるだけ持つということ。ちなみに、自分の場合、普段は英語を話す機会は全くない(えへん)。

以前の記事でも書いたが、英検は、そもそも英語の試験なんだから、スピーチの形式等が駄目駄目でも、2分間、選んだトピックにそれなりに関連することを話し続けられれば合格できるのではないかという根拠のない仮定の下、まず、単純なスピーキング力を向上させようということである。

これは、自分としては、今回の英検1級受験を、スピーキング力向上のための動機付けとしても利用しようと思っていた、ということにもよる。

そう言うわけで、デンスケさんの記事を読むまで、その存在すら知らなかった(汗)、いわゆる英会話喫茶なるものに、行ってみることにした。別に英会話学校へ行ってもよかったのだろうが、英会話喫茶の方が、気楽にふらっと行けるし、何たって安い(笑)!

最初どんなもんかと不安もあったが、行ってみればいたって普通で、結局、昨年の12月の後半あたりから2月の前半にかけて、3カ所の英会話喫茶に、計8回行くことになる。時間でいうと、合計で15時間弱の利用で、費用的には14,000円かかっている。

更に、英会話喫茶が安いといっても、頻繁に行くとそれなりにかかるので(汗)、偶々見つけた、より安い英会話サークルにも併せて行くようにした。自分が行った英会話サークルは、大雑把に言うと、1回500円で、2時間弱、日本人同士英会話をするというものである。以前であれば、日本人同士で英語を話すなんて、気恥ずかしくて抵抗があったのだが、背に腹はかえられない(?)と言うことで。こちらの英会話サークルについては、1月の後半あたりから2月の前半にかけて、計6回行くことになる。時間的には、合計で11時間程度で、費用的には、3,000円であった。

つまり、英会話喫茶と英会話サークルの合計で、約25時間、英会話をする機会が得られたことになる。25時間と言っても、自分が実際に話した時間は、そのごく一部の時間に過ぎないのだが、それでも、この程度の英会話の機会を持ったことにより、前回の時と比べて、最初の1分間のフリートークや、スピーチ後のQ&Aを、落ち着いて対応できたような気がする。

これ以外にやったことは、まず、前回の二次試験前にもやったことだが、英検1級全問題集のモデルスピーチを読んで、使えそうな表現をノートに書き出す作業と、試験が近づいてきたら、モデルスピーチが収録されたCDをできるだけ聴くようにしたことか。なお、全問題集のモデルスピーチは、参考にするのに適当かということについては、若干疑問がないわけではなかったが、まぁ、せっかく買ったのだからということで、使い倒すことにした。

また、『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』については、前回の受験時に一通り読んで、使えそうな表現の書き出しは既に行っていたので、今回は、第5章に比較的まとまった形で載っているスピーチ例を、試験直前に、一通り目を通す位にした。

また、先日の記事でも書いたように、『PROS and CONS』についても、一通り読んで、途中からは、こちらからも、使えそうな表現をノートに書き出す作業を行った。なお、『PROS and CONS』を読むことについては、全問題集のモデルスピーチや、『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』に挙げられているスピーチ例で使われている表現等の裏を取るという意味合いも多少あったりした。

最後に、直接的な二次対策という訳ではないが、ストリーミングで聴けるNHKの『リトル・チャロ』と『ニュースで英会話』を、聴けるときは聴くようにした。あと、一応、二次のスピーキング対策として購入した『Grammar in Use Intermediate』についても、時間がとれれば、1日1UNITであるが、やるようにした。でも、まだ半分も終わってなかったりするが(笑)。

ところで、前述したように、自分の場合、英検1級の受験を、スピーキング力向上のための動機付けと位置づけており、今回、合格してしまった(?)のでその動機付けを失ってしまうことにもなるのだが、一応、英検1級の受験を決めた頃位には、図々しくも既に合格後のことも考えており(笑)、いろいろと考えた結果、ケンブリッジ英検(CAE)あたりでも受けようかなぁと思っていた。

そんな訳で、先日、取り急ぎ資料だけでもと、東京で試験を行っているケンブリッジ英語検定事務局の方から取り寄せてみたのだが、そこに書かれていた受験料は、な、なんと、25,725円(税込)也!!。英会話喫茶に25時間行けまんがな(笑)。

|

« PROS and CONS | トップページ | パス単をやらずに英検1級に合格する法(その1) »

英検」カテゴリの記事

コメント

積読亭さん、こんばんは(*^_^*)

英検1級の受験を決めた頃に、合格後のことを考えていらしたのですね!余裕を感じるというか、計画性的に見えるというか・・・ちょっと驚きました(^^;)

ケンブリッジ英検の受験を決められる頃には、また合格後の目標についてお考えになるのかな~と想像しました。

既にたくさん英語の資格を持っていらっしゃるのに、これからも英語の資格にチャレンジされるようですので、積読亭さんは本当に英語がお好きなのですね!!
こんなコメントをするなんて変なのかもしれませんが。。。

投稿: 三毛猫みい子 | 2010年3月15日 (月) 19時31分

三毛猫みい子さん、コメントありがとうございます。

考えるだけなら簡単なので、勝手に妄想してました(笑)。

ケンブリッジ英検の場合、CPEまで考えると、合格後のことを考える必要はないでしょう(笑)。

自分の場合、英語は、どうしても手段と考えてしまうので、好きなのですねと改めて言われると、口ごもってしまいます(汗)。嫌いではないですけどね。

投稿: 積読亭 | 2010年3月16日 (火) 01時25分

はじめまして。でんすけさんの紹介でここに。でんすけさんちのブログでは、よく登場しております。ほぼ毎日。ほぼ、日常あったことをデンスケさんに報告しているような感じで、上司と部下のような状態です。1級一次5回目でやっと通過。で、先月あった二次試験、一回目52点で撃沈いたしました。。積読亭さんところの学習記をみるようにとのでんすけさんの指示で。大変参考になります。今後もまたのぞきにきますのでよろしくおねがいします。。

投稿: 大阪の主婦 | 2010年3月17日 (水) 20時25分

大阪の主婦さん、初コメントありがとうございます。

お名前は、デンスケさんのブログを初め、いろいろのところでお見かけしておりました。

デンスケさんのブログの方が、面白くて、ためになるように思いますが、何かのお役に立てたのであればなによりです。

今後もご贔屓のほど、よろしくお願い申し上げます。

投稿: 積読亭 | 2010年3月18日 (木) 03時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英検1級2次試験学習記:

« PROS and CONS | トップページ | パス単をやらずに英検1級に合格する法(その1) »