« 英英辞典通読記(Day 23) | トップページ | 英英辞典通読記(Day 24) »

Canon wordtank S502

平成22年7月16日、相模大野のビックカメラで、電子辞書(Canon wordtank S502)を購入。7,980円也。

Canon(キヤノン) 電子辞書 wordtank S502 WORDTANK S502[返品種別A] Canon(キヤノン) 電子辞書 wordtank S502 WORDTANK S502[返品種別A]
販売元:Joshin web
Joshin webで詳細を確認する

ネットで買えばもう少し安く買えそうだったけど、専用ケースをおまけでくれるということだったので、昼休みにビックカメラで購入。

S502

大昔(多分、15年くらい前)、電子ブックタイプの電子辞書(ソニー製)は買ったことはあるのでけど、ICタイプ(とは最近は言わないのかな)のものは、今回初めての購入である。

これまで何回か買おうかなぁと思わないこともなかったが、売り場へ行っては、値段の高さに、(PC用以外の携帯用に)そこまで欲しくはないなぁということで、購入することなく、本日に至っていた。

ところが、本製品は、想定していた一応の許容金額である1万円を下回りながら、ジーニアス英和大辞典と、オックスフォード現代英英辞典(第7版)が収録されており、英語学習用としては、なかなか使えそうな内容になっていたので、この度購入することにしてみた次第。

収録辞書は、上記2つ以外に、ウィズダム和英辞書、オックスフォード学習者のための句動詞辞典、学研監修の無印国語辞典と無印漢字辞典の計6つとなっている。

今どきの電子辞書にしては収録辞書がかなり少ないようだが、英語専用と考えれば、ある意味、充分だし、その分、起動や表示は高速になっているようで、かなりサクサク動く印象である。

また、液晶画面は、2.4型と小さいながらも、240×320のカラー液晶で、当初思っていたより、見易いものになっている。

一方、筐体は、オール・プラスチック製(多分)で、結構チープな作りになっており、文字入力キーもとっても小さい。ただ、この小さい文字入力キーも、例えば、本体を片手で持って、親指で押す分には、さほど使いにくさは感じられない。

問題は、片手に持って操作するには、ちょっと幅広気味で、例えば、右手でもって、左端のキーを押そうとすると、結構しんどいものがある。長時間使っていると、指がつるかも。一方、両手で持って操作しようとすると、今度は、ボタンの小ささが気になるようになるような感じである。まぁ、ここら辺は慣れの問題だけかもしれんが。

とりあえず、せいぜい使って、元を取るようにしたい。購入に躊躇があったのは、結局、使わなくなるかもなぁという不安があったということもあるので、そうならないことを祈るだけである。

あと、紙の辞書を買ったとすると、ジーニアス英和大辞典とオックスフォード現代英英辞典だけでも、2万円以上することを考えたら、激安すぎない?とも思ったが、よくよく考えると、こちらは、装置が壊れてしまえば、まったく使えなくなるし、結構すぐに壊れそうな気もするので(笑)、そうでもないのかも。

|

« 英英辞典通読記(Day 23) | トップページ | 英英辞典通読記(Day 24) »

買った物(本以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Canon wordtank S502:

« 英英辞典通読記(Day 23) | トップページ | 英英辞典通読記(Day 24) »