« 英英辞典通読記(Day 51) | トップページ | 英英辞典通読記(Day 52) »

英和辞典通読記(Week 3)

対象辞典:ニューヴィクトリーアンカー英和辞典[第2版](NVA2)
対象ページ 第79~95頁
見出し語数 257 (893)
内既知数 167 (569)
内未知数  90 (324)
見出し語認識率 65% (64%)
(括弧内はこれまでの累計)

NVA2とLDAE4との違い(3)

NVA2では、「イギリス英語」と「アメリカ英語」の両方に対応しているので、英米でつづりが異なる場合は、それぞれについて見出し語とされている。但し、米式のスペルを正式の見出し語とし、英式のスペルの見出し語の部分には、単に、等号記号(=)の後に、米式のスペルが記載されているだけである。

一方、LDAE4は、『ロングマンアメリカ英語辞典』なので、当然、米式のスペルしか掲載されていない。そのため、この点に関しては、LDAE4の方が、見出し語が少なくなる傾向にあることになる。

あと、今週読んだページに載っていた、LDAE4にないNVA2の見出し語のうち気になったものとしては、

ANA(全日空)。念のため(?)、Jの欄を見てみると、JALも載っていた。

また、相変わらず(?)人名が目立つ。例えば、85頁では、Ann, Anna, Anne, Annieの4つが見出し語となっており、23の見出し語中、2割近くが人名ということになっている。高校生向けということで必要なんだろうけど、実際、これらの人名を辞書で引く人っているのかしらん。

|

« 英英辞典通読記(Day 51) | トップページ | 英英辞典通読記(Day 52) »

英和辞典通読」カテゴリの記事

コメント

またいつものブログに戻ったな~。記号みたいなのが拒絶反応おこすけど、下まで読んだらANAやらJALまででてきて結局最後まで読めました。

でんすけさんちの英語社内公用語コメント、納得です。

ではでは~。また山から降りてきてかるーい「俗世間ネタ」UPするのを楽しみに日々チェックしマース(笑)

投稿: 大阪の主婦 | 2010年8月16日 (月) 14時03分

大阪の主婦さん、コメントありがとうございます。

記号みたいなのって、NVA2やLDAE4とかのことですかね。
「ニューヴィクトリーアンカー英和辞典第2版」とか「ロングマンアメリカ英語辞典第4版」とかいちいち書くのは面倒なので(汗)、略号で代用させてもらってます。確かに読む方からしたら、なんのこっちゃってなるかもしれませんね。

そんな感じで、あまり読者のことを考えていないブログですが(汗)、今後ともご贔屓に。

投稿: 積読亭 | 2010年8月17日 (火) 02時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英和辞典通読記(Week 3):

« 英英辞典通読記(Day 51) | トップページ | 英英辞典通読記(Day 52) »