« 英英辞典通読記(Day 73) | トップページ | 英英辞典通読記(Day 75) »

英英辞典通読記(Day 74)

対象辞典:ロングマンアメリカ英語辞典[4訂版](LDAE4)
対象ページ 第144~145頁
見出し語数 40 (2908)
内既知数 17 (1616)
内未知数 23 (1282)
見出し語認識率 43% (56%)
(括弧内はこれまでの累計)

今日の単語: carousel
 
スペルを見、発音を確認して、ふと思った、もしかして、カルーセル麻紀のカルーセルってここからきている? そう思いながら、語義を読むと、第一義として、a machine with painted wooden horses on it that turns around, which people can ride on for funとある。隣に置いたGC3を見ると、米国語法であることを示すマークの後に、「メリーゴーランド,回転木馬」とある。ということは、カルーセル麻紀とは、回転木馬・麻紀ということ?
 で、ネットで調べてみたところ、はっきりはしないが、ウィキベディアには、昔勤めていた店の名前が『カルーゼル』で、この際に用いた源氏名が『麻紀』とあるので、芸名はここから来ているような感じ。店名は、「ゼル」と濁っているのに、芸名では、「セル」と濁っていないという問題もあるが。なお、フランスには、「カルーゼル広場」というのがあるようなので、店名は、フランス語の方から来てるのかも。
 ちなみに、carouselには、rがダブる、carrouselというスペルもあるようで、LDAE4では、carouselの見出し語のところに、carrouselというスペルが併記されると共に、独立した見出し語としても、carrouselが掲載されている。但し、carrouselの方には、another spelling of carouselとあるだけだが。

記事内で使われる辞書の略称:
 
LDAE4: ロングマンアメリカ英語辞典[4訂版]
 GC3: グランドセンチュリー英和辞典[第3版]
 RH: ランダムハウス英語辞典(CD-ROM版)
 UG: ジーニアス英和大辞典(電子辞書版)
 リーダーズ: リーダーズ英和辞典[第2版](CD-ROM版)
 COBUILD: Collins COBUID English Dictionary for Advanced Learners(CD-ROM版)
 OALD7: Oxford Advanced Learner's Dictionary[第7版](電子辞書版)
 NVA2: ニューヴィクトリーアンカー英和辞典[第2版]
 LDOCE5: ロングマン現代英英辞典[5訂版]
 広辞苑: 広辞苑[第五版](CD-ROM版)
 大辞林: 大辞林[第2版](CD-ROM版)

|

« 英英辞典通読記(Day 73) | トップページ | 英英辞典通読記(Day 75) »

英英辞典通読」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

"carousel"は名曲"Circle Game"にでてくるので、なんとなく「キャロ(ウ)セル」だと思ってましたが、まさかカルーセル麻紀(笑)。ご自分の事務所は「カルーゼル」になってますね。

発音、気になるので"Circle Game"を聞き比べたのですが本家のJoni Mitchell はsとzの間くらい、いちご白書のBuffy St Marieはs、西田ひかるは明瞭にzでした。発音記号ではsなんですよね(by 英辞郎)。

投稿: でんすけ | 2010年9月11日 (土) 11時26分

デンスケさん、コメントありがとうございます。

名曲"Circle Game"ですか。まったく知りませんでした(汗)。
「いちご白書」は、「いちご白書をもう一度」の方でしか知らない世代なもんで(笑)。

発音は、LDAE4では、sになってますが、英和(RH, UG, リーダース等)を見ると、sとzの両方の発音が載ってます。

投稿: 積読亭 | 2010年9月11日 (土) 15時46分

でんすけさんとこにいったら「積読亭さんとこで年寄り扱いうけた」と書いてあり、さっそくその応酬を見に来ました。
「いちご白書」は働いてたころ、体育の先生がよくカラオケでうたってたなあ。。そういえばでんすけさんくらいの年齢。
でも
「いちご白書をもう一度~」のところを「いちじく~浣腸をもう一度~」と下ネタに歌い替えてたな。。。
しょうもないコメントで失礼しました。下ねたまで登場させ、神聖なブログなのにコメント欄を汚してしまいました。せめて、知的な会話を。「浣腸」は英語でなんと言うでしょう?  積読亭さんは物知りだからしってるかもですが、ENEMA  だそうです。。。
僕ちゃんの海外旅行の際に持参薬剤リスト作成してもらったときに知りました。

ではでは。  汚しながらも、また来ます。(笑)

そうそう、たむらぱん、コンサートなどは一人でいくんでしょうか、仲間というんでしょうか。最近、外人タレントにはまっており(ブログ参照ねがいます)、ダレも知り合いに同じように好きな人はいないので来日コンサートあれば一人でいくだろうなと。
一人で行って楽しめるのだろうかと。。。
ではでは~

投稿: 大阪の主婦 | 2010年9月11日 (土) 23時51分

大阪の主婦さん、コメントありがとうございます。

ENEMAですか。知りませんでした。でも、ERとかで出てきていてもおかしくないですね。日本語字幕で見たときは、気がつきませんでしたが、そのうち、英語字幕でも見ようと思ってますので、その際は、気をつけて見てみます。

たむらぱんのライブは、一人で行ってますよ。自分も、最初は、一人で行くのはどうなのかと思っていたのですが、行ってしまえばどうってことないです。一人で来ている人も結構いますし。ライブが始まるまでと、終わった後が、一人だと手持ちぶさただったり、物足りなかったりといったことがあるかもしれませんが、ライブ中は、各自楽しむことになるので、問題ないですね。逆に、あまり興味のない人を連れて行ったりすると、変に気をつかってしまい、楽しめないのではないかと思います。

投稿: 積読亭 | 2010年9月12日 (日) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英英辞典通読記(Day 74):

« 英英辞典通読記(Day 73) | トップページ | 英英辞典通読記(Day 75) »