« THE LINCOLN LAWYER | トップページ | 英英辞典通読記(Day 203) »

通訳案内士平成22年度日本語筆記試験問題チャレンジ

別に、通訳案内士試験を受ける気はまったくないが、日本語による筆記試験(日本地理・日本歴史・一般常識)を解くのが、ちょっと前に某所で流行っていたようなので、興味本位で解いてみた。

問題は、CEL英語ソリューションのサイトにアップされているものを利用。

正式な試験時間は、日本地理・日本歴史・一般常識それぞれ、40分のようだが、試しに、日本地理をやってみたら、20分かからない位で終わったので、採点後、日本歴史をやり、これも、20分かからない位で終わったので、採点後、一般常識を行った。一般常識は、少し時間がかかったが、それでも、30分かからない位で終わった。

で、結果はというと、

  • 日本地理: 73/100
  • 日本歴史: 50/100
  • 一般常識: 60/100

といった感じ。

一通り解いてみての感想は、まず、日本地理は、たまたま自分との相性がよかっただけかもしれんが、日本歴史に比べて、おおざっぱというか、比較的、基本的な問題が多かったような。しかし、4つある大問のうちの一つが、すべて温泉に関する問題だったのにはちと驚いた(笑)。やはり日本は温泉大国ということか。自分的には、温泉問題のデキが一番悪かったけど(汗)。

日本歴史については、いまいち歴史の試験ぽくないなぁ、という感じ。最初の大問なんか、地理の問題みたいだし。まぁ、ガイド用の歴史の試験と言うことなのだろうが。また、日本地理に比べて、結構細かいことを聞かれるなぁという印象。

一般常識は、さっぱりわからんという問題も多く、大問4と大問6は全滅だったが、後半の巻き返しで、解いていた時の感触よりは、よい結果だった。

でも、この一般常識の問題を解いていて思ったのだが、やはり、自分は、通訳案内士の試験を受けることはないだろうなぁ。少なくとも、この一般常識の試験のための勉強をする気は起きそうもない(笑)。

そういういう訳で、やはり自分は、通訳案内士試験を受ける人の健闘を祈る、ということだけにしたい。

|

« THE LINCOLN LAWYER | トップページ | 英英辞典通読記(Day 203) »

雑記」カテゴリの記事

コメント

積読亭さんも、地理が得意なようですね。

さて、英語筆記試験を解いてみる予定はあります?
是非、解いて見ていただきたく思います。
英検1級保有者が通訳ガイドの英語筆記試験受けたら何点になるか気になるところです。

投稿: きんちゃん | 2011年2月20日 (日) 09時06分

きんちゃんさん、コメントありがとうございます。

残念ながら、さしあたり、英語筆記試験は解いてみる予定はありません(汗)。

ざっと見たところ、基本的に、英訳及び和訳のようで、マークシートのように気楽にできなさそうですし、客観的な採点も難しそうなので。

なによりも、あまり良い点数もとれそうもないですし(笑)。

投稿: 積読亭 | 2011年2月20日 (日) 22時37分

詳しくはうちのブログにて(爆)

投稿: 大阪の主婦 | 2011年2月21日 (月) 18時48分

大阪の主婦さん、コメントありがとうございます。

いきなり「詳しくは」と言われても(笑)。

とりあえず拝見しま。

投稿: 積読亭 | 2011年2月22日 (火) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通訳案内士平成22年度日本語筆記試験問題チャレンジ:

« THE LINCOLN LAWYER | トップページ | 英英辞典通読記(Day 203) »