« 「頤」の画数の謎 | トップページ | 漢検準1級平成24年度第2回結果(検定結果通知編) »

「眥」の画数の謎

完全征服をやっていると、「眥」という漢字がでてきた。ちなみに、この漢字、自分が使っているATOKだと、「まなじり」で簡単に出すことができる。

これまたおそらく生まれて初めて目する漢字なので、手元の辞書を確認してみたところ、先日の「頤」に続き、この「眥」についても、辞書によって総画数が違っていることに気がついた。

すなわち、漢検漢字辞典だと、10画(部首内画数5画)であるが、漢字源及び新漢語林では共に、11画(部首内画数6画)となっているのである。

でも、これは、単に漢検漢字辞典の方が間違っているだけのようである。というのも、「眥」は、「此」と「目」とから構成されているが、それぞれの総画数を、漢検漢字辞典で調べると、「此」は6画、「目」は5画となっており、両者を合計すると11画になるからである。

ということは、先日の「頤」の場合も、漢検漢字辞典の総画数については、単に漢検漢字辞典が間違っているだけなのかもしれない。

《2012/12/10追記》

その後の調査(?)によると、「眥」の総画数について、漢検漢字辞典が間違っているということでもなさそうである。

|

« 「頤」の画数の謎 | トップページ | 漢検準1級平成24年度第2回結果(検定結果通知編) »

漢検」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1066572/48004292

この記事へのトラックバック一覧です: 「眥」の画数の謎:

« 「頤」の画数の謎 | トップページ | 漢検準1級平成24年度第2回結果(検定結果通知編) »