カテゴリー「読んだ本」の25件の記事

マキアヴェッリ語録[古本]

平成23年12月24日読了(購入日:平成23年11月5日)。

ブックオフで見かけて、たまたま購入したもの。

本書は、マキアヴェッリ(個人的には、「マキャベリ」という表記がなじみがあるので、以下、こちらを使用)の「君主論」、「政略論」等の著作から、塩野氏がエッセンスと考える部分を抜粋したものである(要約や解説ではなく、抜粋という手段を採った理由については、前書きに説明されている)。

恥ずかしながら、自分的には、マキャベリと言えば、「君主論」、「君主論」と言えば、権謀術数というイメージしかなく、なんかある意味、非常に偏ったことを書いた人なんだろうなぁ、程度の認識だったのだが、本書を読んで驚いた。ある意味、非常に、まっとうなことばかり書かれてたからである。

権謀術数的な要素が書かれた部分もあるが、一部に過ぎないし、いろいろな条件が付された上で述べられている部分も多い。もちろん、塩野氏が、敢えてそのような抜粋の仕方をしたという可能性もあるし、本書だけで、マキャベリの思想のすべてをわかったような気になるのは危険ではあるが、自分のように上記した程度の認識しか持っていなかった人間が、その認識を改めるきっかけにはなる本ではなかろうか。古典と呼ばれる本は、読みにくい本が多いのが常であるが、本書自体は非常に読みやすい。

以下、抜粋本からの更なる抜粋。

 古の歴史家たちは、次のように言っている。
 人間というものは、恵まれていなければ悩み、恵まれていればいたで退屈する。そしてこの性向からは、同じ結果が生ずるのだ、と。
 まったく、存亡のかかった戦いをする必要がない場合でも、人間は野心のために戦う。
 まして、この野心なるもの大変に強力で、いかに栄達をきわめても、消え去るということがない。
 その理由は、自然は人間を、どんなことでも望めるが、その実現となるとなかなかむずかしいように創ったからであろう。
 ために、人は、自らの実現能力をはるかに上まわることを望むものだから、常に不満が絶えないのである。そして、ある者はより多くを獲得しようとし、ある者はもっているものを手放すまいとして、争いが起こるのだ(本書159頁)。

 人間は、運命に乗ることはできても逆らうことはできないというこのことは、歴史全体を眺めても、真理であると断言できる。
 人間は、運命という糸を織りなしていくことはできても、その糸を引きちぎることはできないのである。
 ならば、絶望するしかすべはないかとなると、そうでもないのだ。
 運命がなにを考えているかは誰にもわからないのだし、どういうときに顔を出すかもわからないのだから、運命が微笑むのは、誰にだって期待できることだからである。それゆえに、いかに逆境におちいろうとも、希望は捨ててはならないのである(本書202頁)。

 次の二つのことは、絶対に軽視してはならない。
 第一は、忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと、思ってはならない。
 第二は、報酬や援助を与えれば、敵対関係すらも好転させうると、思ってはいけない(本書212頁)。

 謙譲の美徳をもってすれば相手の尊大さに勝てると信ずる者は、誤りを犯すはめにおちいる(本書214頁)。

最後に、有名な一節を。本書もこれで締めくくられている。

 天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである(本書244頁)。

クリスマスには、ふさわしくないネタかしらん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバート・B・パーカーの思い出

先週の木曜日の昼休みに、新聞の社会面を読んでいると、「スペンサーシリーズ」という文字が目にとまる。

ん?と、思って視線を横にずらすと、スペンサーシリーズの作者であるロバート・B・パーカー(記事では、ロバート・パーカー)の死を伝える簡単な記事が載っていた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/obit/news/20100121-OYT1T00062.htm

例によって(?)、最近は、まったく読んでいなかったのだが、昔は、結構、好きで読んでいたので、その死を知らせる記事を目にして、感慨深いものがあった。

ロバート・B・パーカーのことを知ったきっかけは、大学時代に、本の雑誌で、スペンサーシリーズの一冊である『初秋』を勧める記事を目にしたことだっただろうか。

最初の数冊は、図書館で借りて読んだと思ったが、そのうち、新刊でも買うようになっていった。また、記録を確認すると、初期の作品である"The Godwulf manuscript"と"Mortal Stakes"については、その当時、翻訳本が、図書館や書店では入手困難だったせいだと思うが、PBで読んでいる(どれだけ理解したかは別として)。

そんな感じで、スペンサーシリーズについては、基本的には翻訳で、少なくとも10冊以上は読んだと思うのだが、後半、菊池光氏の翻訳になんかついて行けなくなったこともあって(汗)、そのうち読まなくなっていった。

PBについては、大学時代に上記2冊を読んだ後、しばらく読んでなかったのだが、就職後初めての米国出張での訪問先が、ボストンの近く(といっても、車で約1時間位の所)で、週末には、よくボストンに遊びに行っており、その際、記念に、既に翻訳で読んでいた"PROMISED LAND"を購入したのがきっかけで、その後、スペンサーシリーズ5冊と、ノンシリーズ1冊("WILDERNESS")を読むことになる。

スペンサーは、ボストンの私立探偵であるので、ボストンのことを多少なりとも知った後にスペンサーシリーズを読むと、その点でも楽しめると思う。

あと、ロバート・B・パーカーの思い出というよりは、"PROMISED LAND"の思い出になるが、本書を一通り読んでしばらくした後、おそらく、今から16年位前になると思うが、その出だしの部分の数頁の暗記をした(試みた)ことがある。これは、大学時代に購入した岩波新書の『外国語の学び方』(渡辺照宏著)という本の「暗記の効用」という章を参考に行ったものである。同章の中で、著者の渡辺氏は、効果的な外国語の勉強法として、まとまった文章(書物)を暗記することを挙げており、具体的には、10ページくらいの小説、随筆、論文を暗記することを薦めている。実際にその時、何頁くらいまで暗記できたかは憶えていないのだが(汗)、"PROMISED LAND"というと、最寄りの駅までの道すがら、PB片手に、その出だしをぶつぶつつぶやいていたことを思い出すのである。

Promised Land Book Promised Land

著者:Robert B. Parker
販売元:Dell
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジェネラル・ルージュの凱旋(上)(下)

平成21年1月24日読了(購入日:平成21年1月17日)。

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫) Book ジェネラル・ルージュの凱旋(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫)

著者:海堂尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫) Book ジェネラル・ルージュの凱旋(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫)

著者:海堂尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本書の解説(大森望)によれば、もともと、前作の『ナイチンゲールの沈黙』と本書とは一冊の長編として構想されていたのが、書いているうちに長くなりすぎたため、編集者のアドバイスを入れて二作品に分割されたとのこと。そういうわけで、本作は、前作と同じ期間の同じ病院を舞台とした話が、前作の話とパラレルに進むように書かれており、解説を読むまでは、短期間に2作品を書くためにこんなことしてるのかぁ?、と邪推していた。

そのような事情もあって、本書を読んだだけでは、よくわからなかったり違和感がある部分が散見される。そういう意味で、中途半端な作品と言えよう。

これで、著者の作品(長編)は、三作読んだことになるが、その三作では、『チーム・バチスタ』が図抜けて面白く、本作はまあまあ、以前にも書いたように、『ナイチンゲール』はいまいちといったところ。

本作自体も、前半はいまいち乗れず、後半になってようやく物語に引き込まれたといった感じである。どうせなら、『ナイチンゲール』に注いだ労力を本作に注いでれば、もっと面白い作品にできたのではないだろうか。そう言う意味では惜しい作品である。まぁ、ビジネス的には、分けた方が正解ということなのだろうが。

なお、本書の前半で特に感じたのだが、(本著者の特徴らしい)地の文の仰々しい言い回しには、物語を読み進める意欲を削がれることがしばしばであった。これを海堂節というのだろうか。なんか地の文が、そこだけ取って付けたようになっていて、まだとても文体とは呼べるようにはなっていないと思うのだがどうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タテ型人脈のすすめ[古本]

平成20年10月30日読了(購入日:平成20年10月27日)。

タテ型人脈のすすめ Book タテ型人脈のすすめ

著者:志賀内 泰弘
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

全体的に白っぽい(文章が少ない)本なので、あっさり読み終わる。

簡単に言えば、広く浅い人脈よりも、狭く深い人脈を、ということでせうか。

既に、類書をいくつか読んでいるということもあるのかもしれないが、淡々と読み進められるが、特に印象に残るところもないといった感じである。

敢えて本書の特徴的な部分を挙げれば、「ハガキ」の利用を勧めていることだろうか。筆者は、異業種交流会等で出会った人すべてにハガキを必ず書いているそうだ。筆者は、その返信率が10%程度であることを驚いて見せているが、個人的には、ハガキは非常にプライベートな感じがするので、昨日出会ったばっかりの人からもらっても戸惑ってしまう部分が大きいような気がする。もちろん、出会ったときに、どの程度親しくなったかにもよるのであるが。

なお、本書は、以前に紹介した『出逢いの大学』で、オススメ人脈関連本として紹介されていたもののうちの一冊である。本書の著書も『出逢いの大学』の著者同様、普通のサラリーマンということだが、本書を読んだ感じでは、どちらかというと、『出逢いの大学』の著者よりも、これまた以前に紹介した『図解「人脈力」の作り方』の著者に近いタイプの人間のようである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツキの最強法則

平成20年10月19日読了(購入日:平成20年10月3日)。

ツキの最強法則―1日5分、7日で幸運がやってくる! Book ツキの最強法則―1日5分、7日で幸運がやってくる!

著者:西田 文郎
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前に紹介した成功本51冊のうちの一冊である。

一通り読んでみて、なるほどと思わせる部分もなくはないが、基本的に、理屈ではないので、最終的には、信じるか信じないかということになるのであろう。信じるものは救われるということだ。

読んでいる途中にふと思ったのは、長嶋茂雄的人間になれっていうことかなぁということ。

玉村豊男氏は、その著書『軽井沢発 玉虫色庭球倶楽部』の中で、「コーチはみんなナガシマだ!」と喝破したが、その言でいえば、「成功者はみんなナガシマだ!」ということになるのだろうか。

ちなみに、本書にはメンタルトレーニングCDなるものが付いているのだが、なんてことはない、BGMにあわせて、男の人が、楽な姿勢になりましょうだ、深呼吸しましょうだ、感謝しましょうだ、言っているだけのものである。男の人のナレーション部分については、そっくりそのまま、本書の最終章に掲載されている。まぁ、ないよりあった方が、よいのかもしれないが、この程度のものなら、個人的には、なしで値段を下げて欲しかったところだ。

本書の奥付部分の著者紹介によると、

88万円の経営者向けのセミナー「西田塾」には、毎回キャンセル待ちが出るほど入塾希望者が殺到。平成の吉田松陰と言われている。

とのこと。でも、松下村塾の場合は、受講料は無料だったはずだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナイチンゲールの沈黙(上)(下)

平成20年10月12日読了(購入日:平成20年10月4日)。

ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ) Book ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)

著者:海堂尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ) Book ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)

著者:海堂尊
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

購入時の記事でも書いたように、アマゾンのレビューでの本書の評価はいまいちなのであるが、実際に読んでみての感想はどうかというと、やはり、いまいちというものであった(汗)。

前作を読んだ人ならそれなりに楽しめるとは思うが、前作との比較で考えると、本作はかなり落ちる。本作を先に読んでいたら、次作を読もうとは思わなかったような気がする。但し、著者へのインタビュー(『このミステリーがすごい! 2006年版』)によれば、前作は、『自分自身ではこれ以上のものを書くのはむずかしいだろう』と著者自身が語っている位のものなので、前作との比較で、あれこれ言うのは酷なのかもしれないが。

個人的には、著者の海堂氏は、必ずしも文章がうまいとは言えないと思うのだが、前作等では、話のおもしろさによって、その部分が気になることはあまりなかったのだが、本作のように、話が淡々と進み、内容に引き込まれる部分がないと、その欠点がどうしても目立ってしまうような気がする。

ただ、おそらく本作には、あまり時間をかけられなかったであろうと想像できるから、そうした点が影響しているのかもしれないが。

ちなみに、作家の丸山健二氏は、その著書『まだ見ぬ書き手へ』の中で、自分が第一作で新人賞を受賞した結果、急いで次々と書かねばならなくなり、急がされたために第一作のような作品とはならず後悔したという経験を踏まえて、新人賞に応募する前に、3作を完成させろと書いている。まぁ、現実的に、そのようなことができる人は、まずいないとは思うが。。。

この間見た新聞広告によると、本書は、単行本を含めての累計で140万部(多分)突破らしいが、本作程度のデキ(失礼!)で100万部突破とは、『夢をかなえるゾウ』以上にぴんと来ないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一生モノの人脈力

平成20年10月8日読了(購入日:平成20年10月3日)。

一生モノの人脈力 Book 一生モノの人脈力

著者:キース フェラッジ,タール ラズ
販売元:ランダムハウス講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前に紹介した『出逢いの大学』で、オススメ人脈関連本として紹介されていたもののうちの一冊である。

本書も、『出逢いの大学』に較べて、より上昇志向の強い人向けのものになっている。但し、ソフトな物言いとなっているので、以前に紹介した『図解「人脈力」の作り方』のようなアクの強さはなく、普通の人が読んでも、違和感を感じることは、ほとんどないのではないだろうか。

著書自身も認めているように、著者の人脈づくりにかける熱意は度が過ぎているとも言えるので、普通の人が、著者のやり方をそのまま、まねるのは難しいと思うが、参考にできる部分もあるものと思われる。

本書を読んでいて一番印象に残ったのは、著者の父にまつわるエピソードである。製鉄所の労働者であった著者の父は、息子である著者が、労働階級から抜け出せるようにと、それまで面識のなかった自分の会社のCEOに会わせてくれとかけあい、その熱意によって、最終的に、著者は、名門私立小学校に入学できるようになる。また、見知らぬ人の家の前に、壊れた三輪車があるのを見かけると、その家を訪ねて、その三輪車を譲ってもらえないかと頼み、結果的には、その三輪車のみならず、その家の人からの申し出により、使っていない自転車まで入手することになる。まぁ、これらの話は、たまたまうまくいった例だとも言えるのだろうが、三輪車の一件の際、著者は、父に、最悪ノーと言われるだけではないか、と教えられたとある。このような話を聞くと、子供を持つ親の強さを感じずにはいられないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読むだけで驚くほど見込み客が集まる本[古本]

平成20年10月2日読了(購入日:平成20年8月4日)。

読むだけで驚くほど見込み客が集まる本―トップ営業マンになるためのパーソナル・ブランディング実践マニュアル Book 読むだけで驚くほど見込み客が集まる本―トップ営業マンになるためのパーソナル・ブランディング実践マニュアル

著者:神尾 えいじ
販売元:イーハトーヴフロンティア
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブックオフで何気なく手にし、読むだけで見込み客が集まるならばと(汗)、購入したもの。

一通り読んでみたが、まぁ、読むだけでは見込み客は集めるのは無理である(笑)。

簡単に言ってしまえば、見込み客を紹介してくれる応援団(最終的には、150人(!)規模を目指す)を作ろうということ。そのためには、まず、応援されるタイプの人間になる(パーソナル・ブランディングする)必要があるということだ。

本書は、基本的に、誰もが利用する商品又はサービスの営業マン向けの本のような感じがする。そのため、俺的には、いまいち印象に残らない内容だった感じである。但し、内容的に、そんなに悪いといった感じのものでもない。

でも、本書を読んだ知人から、いきなり「応援してください」と言われたら面食らうだろうなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図解「人脈力」の作り方[古本]

平成20年9月30日読了。

図解 「人脈力」の作り方―資金ゼロから大金持ちになる! (講談社プラスアルファ文庫) Book 図解 「人脈力」の作り方―資金ゼロから大金持ちになる! (講談社プラスアルファ文庫)

著者:内田 雅章
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前に紹介した『出逢いの大学』で、オススメ人脈関連本として紹介されていたもののうちの一冊である。

『出逢いの大学』が普通のサラリーマン向けの人脈本だとすると、本書は、これから伸し上がってビックになろうと思っている人、ひたすら立身出世を目指す人向けの人脈本ということになろうか。本書を読んでいると、著者の内田氏に、木下藤吉郎に通ずるものを感じてしまう。本書の推薦のあとがきでも、ドンキの安田社長が、内田氏のことを人たらしであると評している。

著者の内田氏は、ありとあらゆる機会を自らの人脈形成のために生かそうとしており、ある意味感心するが、ある面では、ついて行けないものを感じた。非常に単純で、合理的な考え方をし、見方によっては、非常に打算的な行動をしながら、ひたすら、内田氏が思うところのイケてる人、すごい人との人脈形成に努め、内田氏が思うところのどうでもいい人との関わりは時間の無駄とばっさり切り捨てる。このような行動原理に従って行動し続けられる人は少ないだろうし、このような行動原理に嫌悪感を抱く人間も少なくないのではないか。

そういう意味でも、一般の人には、『出逢いの大学』の方が向いているのではないか。但し、本書がまったく役に立たないということではない。読めば、それなりに得るところはあるのでないか。でも、人によっては、読後感は必ずしもよいものではないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?[古本]

平成20年9月23日読了。

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学 Book なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学

著者:小堺 桂悦郎
販売元:フォレスト出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いやぁー、これはひどい(怒)。

これまで読んだ本の中でも最低の部類に入る本だ。

前の記事でも少し触れたが、本書は、一月前くらいに読み始めたのだが、その読みづらさ何度も中断しつつ、本日やっと読了するに至った次第だ。

本書は、基本的に筆者の語り又は誰かとの会話を主体に書かれているのだが、視点が定まっていないというのか、作者の独りよがりというのか、どのような状況で、だれが、どの台詞をしゃべっているのかがはっきりせず、読んでいていて非常にストレスが溜まる書き方になっている。更に、只でさえ冗長になりがちな会話のなかに、本論とはなんの関係もないやりとりをいれたりしていて、無意味に話を発散させており、読んでいてイライラする。なお、最後の2章は、ややましになっている感じだ。

ちなみに、本書を手にしたきっかけは、以前に触れた成功本50冊の一冊として紹介されていたからだが、本書を読み始めてから、成功本50冊「勝ち抜け」案内の著者の水野氏の評価を確認してみると、読みやすさで星5つ(最高点)である(驚)!!

水野氏は同書の「こんな誤読はしてはいないか!」で

Amazonなどでは総じて「読みにくい」「説明が雑」といった厳しい評が多いようだ。

と書いていながら、基本的には、一生懸命、本書を擁護している。いやなぜなんでしょ。

個人的には、アマゾンのレビュアーで星一つ(最低点)を付けた人達に限りなく同意してしまう。

本書は、ベストセラーらしいのだが、こうゆう本を読むと、ベストセラーというのは内容ではないのだなぁ、つくづく思ってしまう。

あまりに腹が立ったので、アマゾンで星5つ(最高点)を付けているレビュアーをすべてチェックしてみたところ(俺も暇だね)、延べで38人いるレビュアーのうち、そのほとんどが、本書のみをレビューしており、更に、複数の本をレビューしていても、そのすべてがフォレスト出版の本という人間が多数おり、他の出版社の本を含めて複数の本をレビューしているのは、たった5人しかいなかった。つまり、最高点を付けているレビュアーのほとんどが、フォレスト応援団ということだ。ここら辺のことは、改めて書くまでもない常識のようだが。

そういう意味では、本書を成功本50冊のうちの一冊に選んだ水野氏又は光文社も、フォレスト応援団の一員ということか。

いやはや、本を読んでこれだけ腹が立ったのも久しぶりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)